データバンク

日本でも大人気な中国発動画アプリ「Tik Tok(抖音)」はなぜ中国で一気に人気になったか?

最近日本の若者の間で流行っている動画アプリ「Tik Tok(ティックトック)」は恐らく耳にしていると思います。
米国調査会社センサータワー社(Sensor Tower)の調査によると、「Tik Tok(ティックトック)」が2018年Q1App Storeのダウンロード数TOPのアプリで、日本のテレビ番組で取扱われたり、SNS上の話題になったりしております。

「Tik Tok(ティックトック)」とは?

一体、「Tik Tok(ティックトック)」とはどんなアプリでしょうか?

「Tik Tok(ティックトック)」とは何?

一言でいえば、「Tik Tok(ティックトック)」とは、2016年にリリースされた「今日頭条」傘下の短い動画(主に15秒程度)をシェアできるコミュニティアプリです。素人でも歌やダンス、コメディなどのパフォーマンス動画を簡単に創造できることが特徴です。
例えば、最近Tik Tok(ティックトック)では倖田來未さんの「め組のひと」の高速バージョンに合わせて踊る動画が流行っており、7月現在では再生数は2億5000万回を超えました。

 

中国における「Tik Tok(ティックトック)」

日本でそこまで人気を集めている「Tik Tok(ティックトック)」。実は中国発で、中国でも2017年に人気急増な大人気アプリです。「Tik Tok(ティックトック)」の中国語版名称が「抖音(Tik Tok)」で、QuestMobileのデータによると、2017年8月~2018年1月の間、「抖音(Tik Tok)」のDAUが1,000万から4,000万に急増し、App Annie2月のデータによると、「抖音(Tik Tok)」のダウンロード数が全世界第7位になっております。

なぜ「抖音(Tik Tok)」が中国の数多くの動画アプリを勝ち取り、王座を取ったのでしょうか。
その背景を分析していきます。

なぜ「抖音(Tik Tok)」が中国で成功したか

1、ユーザのニーズやトレンドにあった新サービス

日本においても、中国においても、10代~20代の若者ユーザが多いことが共通です。
個性を追求する彼らにとって、普通の動画より個性を出せる動画制作を求めている背景、Tik Tokのような新たな動画アプリはまさに彼らのニーズに答えられるものと思われいます。また、スマートフォンの普及で、「美顔モード」「フィルター」「スタンプ」など機能の実現も前提条件と思われます。

TikiTok(ティックトック)の機能

2. 多額の資本投資

2017年、中国のショートムービー市場が非常に注目されておりました。易観のデータによると、2017年第3四半期だけでショートムービーサービスへの投資が24件があって、総融資額が8億元(約133億円)を超えております。その中に、「抖音(Tik Tok)」が代表的なアプリともいえます。

「Tik Tok(ティックトック)」の多額投資

3.プロダクトの運営

●「抖音(Tik Tok)」はユーザの投稿(UGC)をメインなコンテンツにしておりますが、最初のコンテンツ導入や人気拡散のため、ポテンシャルのあるユーザや芸能人の登録誘致にも力を入れております。

「抖音(Tik Tok)」芸能人登録

❊中国人気な若手女優をイメージキャラクターに起用

●ユーザに自由に投稿してもらう以外、キャンペーンなどを行うことでユーザの参加を促進しております。日本で言うと、直近Tik Tok上で展開しているキャンペン「#いいアゴ乗ってんね」には、木下優樹菜さんやAKB48の岡田奈々さん、HK48の宮脇咲良さん、人気Youtuberなど多数が参加し、動画投稿件数が11,000件を突破した例もありました。

Tik Tok上で展開しているキャンペン「#いいアゴ乗ってんね」

そのほか、「抖音(Tik Tok)」がプラットフォーム上のKOLを自社で管理する動きも見られます。成長していく中、「抖音(Tik Tok)」のKOLもWeiboKOLのようにビジネスプロモーションに活用されると予想されます。
次回の記事では、「抖音(Tik Tok)」を利用したKOLプロモーションについてご紹介したいと思います。

【関連記事】

中国動画サイト現状まとめ~2017年第1四半期中国オンライン動画業界市場研究レポート~

中国マーケティング必須用語集~動画編~

 


訪日中国旅行者の意思決定タイミングを徹底調査!!

多様化した訪日中国人旅行者のニーズをつかむため、「いつ」「どのように」意思決定を行うのかという「意思決定のタイミングと場所」を理解することで、適切なアプローチができるのではないかと考え、2017年2月に該当アンケートを実施しました。意思決定タイミング・接触メディアなど一挙に解説しました。中国旅行者のニーズや動向把握のために是非参考にしてください。

  資料をダウンロードする

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. 中国主要メディア座談会Vol.3

    ボイス

    中国主要メディア座談会Vol.3~百度、WeChat、Weibo担当者に聞く、これからの訪日インバウ…

    2020年に訪日外国人観光客数4,000万人を目指す日本。中でも中国か…

  2. Weibo

    Weibo(ウェイボー)とは?基本説明から機能まで徹底解説

    中国最大級のSNSである「Weibo(ウェイボー)」と「WeChat(…

  3. データバンク

    中国越境ECにおける最新消費動向を知る ~中国Tmall国際2017年年間消費動向レポート~

    毎年の11月11日になると、中国国内のみならず各国で大きく話題が上がっ…

  4. 中国向けプロモーション

    中国インバウンドマーケティング必須用語集~旅行・訪日メディア編~

    訪日中国人が参考になる海外旅行関連メディア/訪日特化したメディアをご紹…

  5. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~動画編~

    日本同様、現在中国でも動画市場が非常に盛り上がっています。本記事では、…

  6. WeChat

    中国のWeChatがすごい!WeChatの基本説明から使い方まで徹底解説

    中国のSNSメディア、WeChat(ウィチャット)は耳にしたことがある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. Weibo(ウェイボー)運営データの活用方法
  2. WeChat(ウィーチャット)公式アカウント運営データの活用方法
  1. 中国向けプロモーション

    事例で見る中国SNSメディアの活用~2017年Kantar中国SNSメディア影響…
  2. Hot KeyWord

    【Hot Keyword】香港が中国帰還20周年!20年間で金融危機に2回の危機…
  3. 中国主要メディア座談会 Vol.2 ~百度、WeChat、Weibo担当者に聞く、これからの訪日インバウンド戦略~

    中国向けプロモーション

    中国主要メディア座談会 Vol.2~百度、WeChat、Weibo担当者に聞く、…
  4. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~検索エンジン編~
  5. 訪日インバウンド調査レポート

    中国若者の嗜好をつかめ!次のコア消費者90年生まれの興味とは!?
PAGE TOP