WeChatステッカー

中国向けプロモーション

WeChatステッカーの活用

皆さん、LINEのステッカーを使ったことがありますか?
2018年1月に実施したスタンプ(LINEのステッカー)利用調査によると、毎日スタンプを利用しているユーザーがLINEユーザー全体の9割以上を占めております。スタンプが毎日のコミュニケーションで定着している裏付けが取れたと思われます。
それでは、中国版のLINEとも言われているWeChat(ウィーチャット)のステッカー状況はどうなっていますでしょうか?今回の記事で簡単に概要を紹介いたします。

WeChatステッカーの沿革

WeChatステッカーが初めて登場したのは2011年で、モノクロ線画「兔斯基(Tuzki)」というステッカーが発表され、話題になりました。

WeChatステッカーの初めての登場

2015年にWeChatは芸能人ステッカーを公開し、中国の人気女優Angelababyをはじめ、鹿晗や邓超などの人気芸能人ステッカーが次々と登場しました。

WeChatは芸能人ステッカーAngelaBaby              WeChatは芸能人ステッカー李易峰

WeChatステッカーの特徴

・気楽、おもしろさ
現在、ネットユーザーがコンテンツを閲覧する際、文字よりも画像により注目してきております。特におもしろい画像が非常に人気です。WeChatステッカーチームはそのポイントを意識して、日常生活・他人と冗談・自分に対する自嘲・ネット用語などの要素をステッカーに取り入れております。WeChatでのコミュニケーションは大半かたくなく、ユーザーもできるだけ会話の単調さ・退屈さを避け、会話の中、自分の感情や個性を表せる活発で生き生きしているステッカーを使う傾向があります。

・常にトレンドに乗る
ネット時代、トレンドの入れ替わりが非常にはやいです。WeChatステッカーは流行を追求するユーザーの心理を満足させるよう、つねに最近のトレンドをテーマに創作されています。例えば、流行りのネット用語、人気なキャラクター、話題性の高い番組や芸能人など次々とタイミングよく登場されています。

WeChatステッカーのトレンド   WeChatステッカーのトレンド

WeChatステッカーの普及による影響

・コミュニケーションの多様化
昔、WeChatでのコミュニケーションはボイスメッセージと文字のみでしたが、今ほとんどのユーザーはステッカーを活用しています。若い世代は文字よりステッカーを多く利用する加状況が見られます。ステッカーの活用により、ユーザー同士の距離が縮まる効果もあります。

・他産業の促進
WeChatステッカーには精選ステッカーと投稿ステッカーの2種類があります。投稿ステッカーは大半漫画家か企業がビジネス目的で制作してアップしております。例えば、春節期間に人気な春節紅包(お年玉)のステッカーをアップしてたくさんのダウンロード量を得ることで関連企業が利益を儲けます。芸能人事務所は新年を迎える挨拶の芸能人ステッカーを制作してファンを獲得しています。

WeChatステッカーの利用で年代別ユーザー分析

2018年WeChatは各年代別に人気なステッカーの統計データを発表しました。
・10代は手で顔をおさえて笑うステッカー10代愛用のWeChatステッカー
・20代は泣きながら笑うステッカー20代愛用のWeChatステッカー
・30代はニヤリとした笑いのステッカー30代愛用のWeChatステッカー
・40代は口を抑えて笑うステッカー40代愛用のWeChatステッカー
・その他はいいねステッカーその他の年代愛用のWeChatステッカー
を最も愛用している結果となっております。

各年代に人気なステッカーが異なり、それぞれの特徴を表しております。
・10代のユーザーが個性的で家族や他年代に理解されないことが多く、このステッカーで豊かな生活をくれたことに感謝しているが理解されない悲しみを表現しています。
・2018年11月11日キャンペーン時、20代の買い物検索キーワードは脱髪防止と老化防止ケアが多かったと発表されております。生活リズムの変化や住宅価格の上昇により20代のユーザーは最もストレスを多く感じているが、笑って向き合いましょう。
・30代のユーザーは中国経済の発展を一番味わっている年代とも言えます。いいことも悪いことも様々経験をしているので、何ことに対しても大きく気持ちの変動がせず、笑って生活と向き合いましょう。
そのように、WeChatステッカーは中国人ユーザーのコミュニケーションに欠かせない存在となっております。

LINEスタンプ(ステッカー)との違い

LINEステッカーは有料のものが多く、WeChatステッカーはほとんど無料で入手できます。LINEステッカーはファンコンテンツやストーリーのものが多く、お金を支払っても入手したいユーザーが多いです。また、無料ステッカーの入手が難しいので、ステッカーを使いたい場合は何かしらのステッカーを購入しなければならない環境が整えています。一方、WeChatステッカーは単におもしろい・可愛い・ふざけているものが多く、お金を支払って購入するまで手に入れたいユーザーが少ないです。また、有料ステッカーももちろんありますが、無料ステッカーが簡単に入手できる環境ではステッカーだけで儲けることは難しいでしょう。ただ、企業投稿の親近感やプロモーションの活性化のため、ステッカーの活用も考えられます。
LINEステッカーとの違い

以上簡単にWeChatステッカーについて紹介しましたが、WeChatをお持ちの方はぜひ活用してみてください。
WeChatをお持ちでない方もご興味があれば、ぜひWeChatアカウントを作ってWeChatステッカー文化をお味わってみてはいかがでしょか。

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

 

WeChat公式アカウント運営データの活用方法

WeChatミニプログラム(微信小程序)の使い方から作り方まで徹底紹介

The following two tabs change content below.
KYO

KYO

高校卒業後来日し、日本での生活は8年目になります。東京学芸大学で教育を勉強し、その後、日系企業で法人営業を経験しており、今後蓄積したノウハウをインバウンド市場に活かしていきます。日中ビジネスの架け橋へ!

関連記事

  1. 中国向けプロモーション

    中国インバウンドマーケティング必須用語集~旅行・訪日メディア編~

    訪日中国人が参考になる海外旅行関連メディア/訪日特化したメディアをご紹…

  2. 春晩スポンサーによる百度アプリのダウンロード促進効果

    中国向けプロモーション

    春晩スポンサーによる百度アプリのダウンロード促進効果

    電子マネーでお年玉を送り合うことがトレンド(詳細は記事「2019年中国…

  3. サービス

    海外担当者様必見!中国向けWebサイト制作の基礎!

    訪日中国旅行者の増加や中国越境ECのニーズの高まりから、日本企業の中国…

  4. 中国アプリユーザの利用状況分析

    中国向けプロモーション

    中国アプリユーザの利用状況分析~中国アプリ市場最新動向前編~

    2017年は中国インターネットにとって、また改革の一年となりました。…

  5. 海外BtoBマーケティングの基本

    中国向けプロモーション

    日本BtoB企業の海外進出がどのように成功できるか?海外BtoBマーケティングの基本

    直近海外向けBtoBマーケティング関連のお問い合わせも増えております。…

  6. 百度(Baidu、バイドゥ)リスティングのインバウンド活用

    中国向けプロモーション

    百度(Baidu、バイドゥ)リスティング広告のインバウンド活用

    訪日外国人旅行者は年々上昇傾向にあります。 2017年では最高の280…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. Wechatミニプログラム(微信小程序)の機能開発によるSNS上販促
  2. 海外BtoBマーケティングの基本
  1. サービス

    百度(バイドゥ)リスティング広告・アドネットワーク広告!アカウント開設から運用ま…
  2. 中国向けプロモーション

    「決済+会員化」:訪日インバウンド決済の動き!~2017年7月3日WeChatP…
  3. アジアプロモーションで活用されるメディアのまとめ

    訪日インバウンドニュース

    アジアプロモーションに活用されるメディアのまとめ
  4. 百度

    【セミナー案内】中国最大検索エンジン「百度(バイドゥ)」が語る 中国ネット市場の…
  5. 中国 民泊市場

    訪日インバウンドニュース

    中国民泊サイトの比較
PAGE TOP