中国インターネット最新事情

データバンク

中国インターネット利用にまつわる最新データ

日本と比べると、中国のインターネット広告投入は全体広告費用において、より高い割合を占めております。
中国前瞻産業研究院が発表した2017年度「インターネット広告業界市場前瞻及び投資戦略企画分析報告」によると、中国が2012年では、インターネット広告市場が全体広告市場の約16%を占めておりましたが、2016年は45%近く、2017年には約半分を占めております。更に、2018年における中国インターネット市場規模は5,000億元(約8.3兆円)を超える見込みです。
これには中国国内のインターネット普及及びユーザの利用習慣に大きくかかわっていると考えられます。

中国インターネット情報センター(CNNIC)は中国におけるインターネットの普及と使用状況に関する最新データを発表しました。全体傾向として、今では中国のインターネットユーザーがよりプラットホームの差別化を求め、オンライン・オフラインの融合が加速しております。
今回は2018年1月に発表された「中国インターネット発展状況統計報告」を元に、中国におけるインターネットの最新データを把握していきます。

❊下記データは「第41次 中国インターネット発展状況統計報告」(以下「本レポート」を言う)より抜粋

中国インターネットのユーザ状況

本レポートによると、2017年12月時点中国インターネットユーザー規模が7.72億に達し、前年度より4,074万人増えました。インターネットの普及率は2016年より2.6%増の55.8%です。ユーザー数が増え続け、インターネット環全体も進化しているとみられます。

【2017年度中国ネットユーザの規模及びネットの普及率】       単位:万人

2017年度中国ネットユーザの規模及びネットの普及率

中国インターネットユーザの利用デバイス

インターネットの接続デバイスに関して、2017年12月時点、中国におけるスマートフォンによるインターネット使用者数の割合が97.5%に達し、2016年より2.4%増加し、過去最高を記録しました。一方、デスクトップ、ノートパソコンの利用率はそれぞれ53.0%と35.8%で、2016年より減少しております。特にデスクトップの利用率の減少が目立ち、7.1%が減っている状況です。また、テレビでインターネットに接続する割合が28.2%で、前年より3.2%増えました。

ほとんどのインターネットユーザがモバイル端末を利用している為、今後制作・施策を実施される際はモバイルの要因も考える必要がございます。また、テレビでインターネットに接続することも多く見られるなり、インターネット接続可能なテレビも広告の露出デバイスやデータ収集メディアとして多く利用されるようになりました。
一方、PCの利用率が下がりつつあります。

【2017年度中国インターネットユーザの利用デバイス】       単位:%

中国インターネット接続デバイス

中国ユーザのインターネットの利用時間

中国インターネットユーザは週間平均で27時間インターネットを利用しており、前年度より0.6時間が増えました。

中国インターネットユーザのネット利用時間が年々増えつつあり、ネットへの依存性が高くなっていることが見られます。

【2017年度中国インターネットユーザの週間利用時間】     単位:時間2017年度中国インターネットユーザの週間利用時間

中国インターネットユーザの利用内容

インターネットユーザ、モバイル端末ユーザの増加につれ、中国インターネットがソーシャル、メッセンジャー、金融、交通及び生活サービスなどの機能を求め、特にオンラインデリバリーサービスのユーザーが急増し、伸率が64.6%にも達しております。

メッセ―ジャーが依然と最も利用されるアプリで、それ以外、音楽、ショッピング、金融、旅行等ジャンルが豊富化に見られます。生活レベルが向上している中、ユーザのニーズも多様化になってきております。

【2016年-2017年アプリ毎中国インターネットユーザ数】       単位:万人

中国インターネット使用状況

中国におけるインターネットの方向性

中国インターネット発展の方向性

プラットホームは差別化が求められる

メッセンジャー、検索エンジン、ネットニュース及びソーシャル等の基本アプリのユーザが増えながら、差別化を図るために、各サービスとのつながりを拡大しております。例えば、検索エンジンでは人工知能検索市場に力を入れることになります。各ソーシャルプラットホームの機能が完備されつつ、ソーシャルネットワークが「すべてにつながる」に発展してきております。

オンラインとオフラインの融合が加速

デリバリーのようにオンライン・オフライアンの市場ニーズが高くなっており、他のサービスもオフラインとの融合が進んでております。例えば、オンライン旅行予約は旅行業界との戦略的な提携を強化し、旅行テーマを多様化させ、商品とサービスで市場シェアの拡大を図っています。

エンターテインメント産業は繁栄期を迎える

2017年エンターテインメント分野のインターネットユーザーが急増し、繁栄期を迎えました。例えば、生中継ユーザーの年間伸び率が過去最高で22.6%に達しました。エンターテインメントの中、成長率の最も低いオンラインゲームも5.9%の伸び率に保っています。

中国インターネット事情が毎年激しく変化しており、中国の方々をターゲットにプロモーションする際には、リアルのデータをもとに、メディアやコンテンツを選別することをご推奨いたします。

【関連記事】

海外担当者様必見!中国向けWebサイト制作の基礎!

【関連記事】

越境EC担当者必見!中国越境ECモールへの出店方法

 


訪日中国旅行者の意思決定タイミングを徹底調査!!

多様化した訪日中国人旅行者のニーズをつかむため、「いつ」「どのように」意思決定を行うのかという「意思決定のタイミングと場所」を理解することで、適切なアプローチができるのではないかと考え、2017年2月に該当アンケートを実施しました。意思決定タイミング・接触メディアなど一挙に解説しました。中国旅行者のニーズや動向把握のために是非参考にしてください。

  資料をダウンロードする

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. 中国向けプロモーション

    中国インバウンドマーケティング必須用語集~旅行・訪日メディア編~

    訪日中国人が参考になる海外旅行関連メディア/訪日特化したメディアをご紹…

  2. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~検索エンジン編~

    ■2017年1月時点 中国検索エンジン市場シェア❊()は2016年…

  3. WeChat

    訪日インバウンド担当者が知っておくべきWechat広告の基礎と種類

    以前の記事では、「WeChatの基本」及び「WeChat公式アカウント…

  4. サービス

    海外担当者様必見!中国向けWebサイト制作の基礎!

    訪日中国旅行者の増加や中国越境ECのニーズの高まりから、日本企業の中国…

  5. データバンク

    中国深圳探索!ドローンと無人コンビニを求めて!

    今回は、先日初めて出張で行ってきた中国は深圳の現地レポートをできればと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 百度(Baidu、バイドゥ)リスティングのインバウンド活用
  2. 対談企画:訪日観光客を大きく取り込んだ阪急交通社に聞く今後の訪日インバウンド
  1. WeChat

    WeChat(ウィーチャット)ユーザーは9億人越え ~2017年WeChat(ウ…
  2. GoJapan

    インバウンド担当者必見!訪日外国人観光客向けメディアまとめ
  3. 訪日インバウンド調査レポート

    訪日外国人統計データ~インバウンド動向をタイムリーに掴める~
  4. データバンク

    中国越境ECにおける最新消費動向を知る ~中国Tmall国際2017年年間消費動…
  5. 中国向けプロモーション

    訪日インバウンド担当者が知っておくべきWeibo(ウェイボー)フィード広告の基礎…
PAGE TOP