Wechatミニプログラム(微信小程序)の機能開発によるSNS上販促

WeChat

Wechatミニプログラム(微信小程序)の機能開発によるSNS上集客

テンセントの最新データによりますと、現在WeChatミニプログラムの数量が100万以上に上り、一人平均一日4回ミニプログラムを利用しております。ミニプログラムの利用がWeChatのユーザーに普及しているとみられます。それに伴い、ミニプログラムの開発も盛んになっております。現在、WeChatミニプログラムの開発者が150万人もおり、5000の第三者プラットフォームがあります。
※テンセント社2019年のデータより
ミニプログラムの市場データについて、以前の記事「WeChatミニプログラム2019年市場研究レポート」をご参考いただけます。

Wechatミニプログラム(微信小程序)が普及

上記を背景に、「WeChatミニプログラム+企業・商品情報発信」「WeChatミニプログラム+EC販売」「WeChatミニプログラム+店舗・訪問誘導」「WeChatミニプログラム+会員管理」等、WeChatミニプログラムにリンクしたWeChat公式アカウントの運用を行い、目的に合わせてコンバージョンまで完成できるような機能を実現させている企業が増えてきております。

勿論、日本の企業様も店舗誘導・訪問予約等のインバウンド施策からEC販売・BtoBお問い合わせ促進等アウトバウンドまでWeChatミニプログラムを活用する事業例も少なくありません。

日本企業様もインバウンド・アウトバウンドにWeChatミニプログラム(微信小程序)を活用

WeChatミニプログラムはWeChat内で動作するサブアプリとして、どのように集客・販促ができますでしょうか?

Wechatミニプログラム(微信小程序)の集客方法

WeChat内流入

①WeChat公式アカウント運営

WeChat公式アカウントとWeChatミニプログラムと紐づけることができますため、WeChat公式アカウントの運用により集客すれば、WeChat公式アカウントのメニュー等から自然にミニプログラムへの流入も促進できます。ちなみにWeChat公式名義者が同一である場合、WeChatアカウントには最大10個のミニプログラム、名義者が異なる場合でも最大3個のミニプログラムと紐づけることができます。また、一つのミニプログラムは最大でWeChat公式アカウントに紐づいて表示することが可能ですので、紐づけられるWeChat公式アカウントを増やし、入口を増やすこともWeChatミニプログラムの集客方法の一つとも言えます。

WeChat公式アカウントとWeChatミニプログラムと紐づける

②WeChat記事誘導

現在、WeChat記事に、ミニプログラムもマルチメディアの一つとして、画像・音声等のようにWeChat記事に挿入することができます。自社WeChat公式アカウントの配信する記事やKOLによる記事配信でWeChatミニプログラムを拡散することができます。

WeChat記事内にミニプログラムを導入

WeChatミニプログラム広告

最後に、WeChat内の「タイムライン広告」や「バナー広告」から直接WeChatミニプログラムへのリンクを実現できております。WeChatミニプログラムのプロモーションを目的にとしたWeChat広告実施も可能です。

WeChatミニプログラム広告

・オフライン流入

上記オンラインにてWeChat内からの流入以外、オフライン露出による流入方法もございます。店舗型ミニプログラム等の企業様に多く活用されております。

①QRコード露出

WeChat公式アカウントと同じく、WeChtミニプログラムもユニークなQRコードを生成できます。そのQRコードのオフライン露出による集客ができます。

WeChatミニプログラムQRコード露出

②近くのミニプログラム検索

WeChatミニプログラムのロケーション設定ができますため、ユーザーが設定した場所の近くで周囲のミニプログラムを検索することができます。こちらの機能を上手く利用することでオンライン・オフラインの連携がよりスムーズに実現できます。

WeChatミニプログラムの近くのミニプログラム検索機能

・WeChatミニプログラムの機能による流入

WeChat公式アカウントからの流入、オフラインからの流入等はいずれユーザーを獲得するをメインに考えられる方法です。それ以外、ユーザーにシェアしてもらい、ユーザー同士の間の拡散を図ることもWeChatミニプログラムの機能開発による実現できます。

Wechatミニプログラム(微信小程序)の機能開発による集客

ユーザーのミニプログラム訪問、ユーザー同士間のシェアを促進させるWeChatミニプログラムの機能が複数があり、こちらで主要な機能をご紹介いたします。

集客に活用できるWeChatミニプログラムの機能開発

 

 

①共同購入

中国の有名なソーシャルECである「Pinduoduo」(参考記事:「拼多多(pinduoduo)の ビジネスモデルーーSNSを活用した中国ECサイト」)と似たようなモデルで、友人にシェアし、共同購入することで安くなれる機能となります。

②友達紹介販売

友人にシェアして商品を販売することで、成果報酬をもらえる機能となります。そういうことで全員が代理店になって本質のソーシャル販売が実現できるかもしれません。

③期間限定特典

「秒殺」という言葉を使われるケースが多く、格安の商品でユーザーの注目を集める機能です。

以上の他に、通常の割引クーポン、抽選なども実現できます。全体的に言えば、現在ミニプログラム開発の技術が進んでおり、開発のハードルも下がっております。WeChatミニプログラムの機能開発により、WeChat内トラフィックの取得やユーザーのアクティブ度の向上を期待ができます。ソーシャルというコンセプトをベースに面白いマーケティング手法が創出できると思われます。

ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。

WeChatミニプログラム越境EC

旅行消費(訪日インバウンド消費)の大幅減少により、外需を獲得すべく越境ECに注目している状況を背景に、越境EC市場が急成長している中国市場向けどのように展開すればいいでしょうか?天猫(Tmall)、京東国際(JD)など大手モールに出店する以外に自社ECを構築するのも視野にいれられます。ただ、売り場構築・物流・決済・CS・プロモーションなどいくつかの課題があります。

そのような課題を解決するために、自社展開における、売り場構築・物流・決済・CS・プロモーションまで、一気通貫で中国越境EC展開をサポートできるサービスを提供いたします。

サービスの詳細については資料をダウンロード下さい。

資料をダウンロードする

 

【関連記事】

Wechat(微信ウィーチャット)ミニプログラムのEC活用

WeChatミニプログラム2019年市場研究レポート

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. WeChat

    中国WeChatモーメンツ内における投稿内容特徴まとめ

    SNSの普及によって、ユーザーがインターネットを通じて近況をアップデー…

  2. WeChat(ウィーチャット)公式アカウント運営データの活用方法

    WeChat

    WeChat公式アカウント運営データの活用方法

    以前の記事では、中国におけるWeChat(ウィーチャット)の重要性及び…

  3. WeChat

    中国のWeChatがすごい!WeChatの使い方徹底解説

    中国のSNSメディア、WeChat(ウィチャット)は耳にしたことがある…

  4. WeChat

    WeChatミニプログラム2019年市場研究レポート

    iResearchが発表して「微信小程序市场报告(日本語訳:WeCha…

  5. WeChat

    WeChat(ウィーチャット)登録ユーザーが9億人! 2017年WeChatのデータ

    今までの記事で伝えてきました中国人にとって欠かせないツールWeChat…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. Wechatミニプログラム(微信小程序)の機能開発によるSNS上販促
  2. 海外BtoBマーケティングの基本
  1. ボイス

    【注目企業インタビュー】海外向けにインフルエンサー施策を成功させるには?~株式会…
  2. 2019年中国春節紅包を通じて中国モバイル決済の市場を見る

    未分類

    2019年中国春節紅包を通じて中国モバイル決済の市場を見る
  3. 海外BtoBマーケティングの基本

    中国向けプロモーション

    日本BtoB企業の海外進出がどのように成功できるか?海外BtoBマーケティングの…
  4. ミニプログラムとは何か、中国ミニプログラム完全説明

    中国向けプロモーション

    ミニプログラムとは?中国におけるミニプログラム市場の成長
  5. 中国向けプロモーション

    中国ママ・ベビー用品消費者像完全分析!~2017年ママ・ベビー用品消費者調査研究…
PAGE TOP