Weibo

中国向けPRに必須!Weibo公式アカウントの種類や開設方法を公開

Weibo(微博,ウィボー)は中国ではWeChat(微信,ウィチャット)と並び、中国二大SNSメディアの一つです。Twitterと同じく、オープンなソーシャルメディアで情報が広範囲で広まりますため、個人のつぶやき、企業・団体など情報配信として利用されております。特に近年では、短い動画やライブ配信などトレンドに合わせた機能・コンテンツが導入されており、利用者が増えてきております。

現在、中国向けPRに必須なサービスともいえるWeiboアカウントにご興味の方沢山いらっしゃると存じます。
本記事ではWeibo公式アカウントに関連する質問を徹底的に解説致します。

Weibo公式アカウントとは?

Weiboの公式アカウントは「認証アカウント」のことを言います。Weiboの審査を受けて認証されたアカウントとの意味です。Weibo公式アカウントは大きく分けると「黄色マーク」「青いマーク」の二種類あります。

【黄色マーク】

黄色マークは個人認証です。特定分野の有名人、自媒体(個人でメディア配信)、真実な身分登録の場合は認証できます。


【青いマーク】

青いマークは企業・団体などの認証です。企業、政府、メディア、機関、学校、公益団体など認証できます。
本文では主にこちらの公式アカウントを紹介していきたいと思います。


Weibo公式アカウントのメリット

なぜWeibo公式アカウントを認証する必要があるか解説していきます。

【身分証明】

Weiboの審査を受けてから、公式アカウントが開設できますので、ある程度ユーザの信頼を得られます。

【プロモーションサービス利用】

「粉丝通」(Weiboフィード広告)など一部公式アカウントのみ利用できるプロモーションサービスがあります。

【フォロワーサービス】

「抽選イベント」「クーポン券発行」などフォロワーに対し、サービスを提供することができ、より影響力を高めることができます。

【データ分析】

公式アカウントにはデータ管理画面があり、「フォロワーデータ」「投稿データ」を確認でき、よりアカウントの運用改善に活用することができます。※
※一部課金データサービスもあります。

Weibo公式アカウントの現状は!?

【Weibo公式カウント関連データ】


・数量:2016年、企業公式アカウント数は130万、前年度比35%増
・分野:企業公式カウントは60余りの分野をカバーし、IT分野のアカウント増加が一番多い
・地域:北京、関東、上海、浙江の主要都市の企業がもっとも多い
・規模:企業アカウントのフォローワー総数が5.9億人
・性別:男性が約6割で女性より多い
・年齢:18-30歳のフォロワーがメインで60%以上を占めている
・投稿:2016年企業アカウントは全部で1.14億投稿をし、閲覧数は延べ672,241,635,057にも達した
・アクション:2016年アクション数1000万回以上の企業カウントは21個

Weibo公式アカウントはどうやって取得ができるか?

海外の企業様もWeibo公式アカウントを取得することができます。ただしWeiboの審査を受けることが必須です。

【必要書類】

① 企業現在事項登記簿謄本のスキャンデータ
② 企業公式アカウント申込書(定型フォーマットあり)
③ 微博社区公約(定型フォーマットあり)
④ 企業公式アカウント誓約書(定型フォーマットあり)
⑤ 担当者名刺のスキャンデータ
⑥   企業ロゴ(jpegもしくはpngファイル)

【主な審査事項】

※微博企業アカウント名につきましては、基本的に企業名もしくは御社の商品・サービス名になります。認証したい微博アカウント名と企業名が異なる場合、別途指定フォーマットの授権書およびアカウント名との関連性を証明できる資料の提出が必要になります。
※プロフィール画像は基本企業もしく商品のロゴになります。
審査時間の目安は大体1か月となります。

どうぞご参考ください。
公式Weiboのご開設をご検討の方はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

 

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. データバンク

    FIT、金盾、銀聯(ギンレン)カード等中国人インバウンド用語集

    1.FIT海外からの個人旅行客。2.金盾(グレート・ファイ…

  2. サービス

    海外担当者様必見!中国向けWebサイト制作の基礎!

    訪日中国旅行者の増加や中国越境ECのニーズの高まりから、日本企業の中国…

  3. WeChatステッカー

    中国向けプロモーション

    WeChatステッカーの活用

    皆さん、LINEのステッカーを使ったことがありますか?2018年1…

  4. 流行ってきているインフィード広告

    中国向けプロモーション

    中国Baidu(百度)インフィード広告の基本

    以前の中国インターネット事情に関するレポート「中国インターネット利用に…

  5. データバンク

    百度・シェンマなど中国の検索エンジンを知ろう

    ■2017年1月時点 中国検索エンジン市場シェア❊()は2016年…

  6. 中国向けプロモーション

    中国SNSではゲーム分野が盛り上がり!?~中国SNSシェア状況分析レポート

    皆様のご存じの通り、中国ではソーシャルメディアを使った拡散が非常に普及…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国におけるライブコマースの最新動向
  2. アジアプロモーションで活用されるメディアのまとめ
  1. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年8月)
  2. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~SNS編~
  3. Hot KeyWord

    【Hot Keyword】宮崎駿監督正式に復帰~日本漫画に対し、中国人の関心度が…
  4. 訪日インバウンドニュース

    外国人観光客のニーズに合わせた動き~7月10日訪日観光客関連ニュース一週間まとめ…
  5. 訪日インバウンド調査レポート

    マツモトキヨシの取組で見る中国向けのデジタルマーケティング
PAGE TOP