WeChat

Wechat(微信ウィーチャット)ミニプログラムのEC活用

現在、WeChat(微信ウィーチャット)が中国のメディア市場において最も利用されるソーシャルメディアとして、中国人の日常生活のあらゆる方面まで浸透してきております。
WeChat(微信ウィーチャット)のサービスを運営しているテンセント社にとって、自社の得意な領域のみではなく、媒体をさまざまな領域でより活用できるように進出する傾向もみられます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントの他領域の進出

例えば、WeChat(ウィーチャット)公式アカウントが情報を配信するメディアとして多くの個人・企業に利用されてきております。今は情報配信のみではなく、コンテンツ課金、広告掲載等コンテンツを収益源として活用される同時に、「WeChat(ウィーチャット)+EC」のモデルも模索しています。

その中、日本ではまだ馴染みのないWeChat(ウィーチャット)ミニプログラムをECとして活用することが、ソリューションの一つとして挙げられます。

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムが新型ECモデルに成長

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムのユーザーが急成長

2017年1月のWeChat(ウィーチャット)ミニプログラムの誕生以来、急速に人気を及んできております。「微信公开课」のデータによりますと、2018年WeChat(ウィーチャット)ミニプログラム利用者数が1.1億人を超え、WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムにおける取引額が600%増になっております。

ミニプログラムの利用のみではなく、ミニプログラムを使った取引の伸びも顕著です。
「WeChat(ウィーチャット)公式アカウント+ミニプログラムEC」で高収益の商品紹介・販売の仕組みが見えております。

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムECモデル

従来のECモデルといえば、T-mall、京東のようなECモールが中心となっております。実際、ECトラフィックもそれら大手ECプラットフォームに集中しておりました。

しかし、その状況はソーシャルECの誕生によって一変しました。

ソーシャルECの誕生により、ECモデルが一変

新型ECモデルはECモール自体が中心になっておらず、WeChat(ウィーチャット)公式アカウントからの流入がメインとなっております。ECモール自体の存在が弱くなっている一方、WeChatグループチャット、公式アカウント、タイムライン等あるゆる場面からの流入が可能であるビジネスモデルとなります。

ミニプログラムECが誕生した要因は主に二つがあります。
・中国ではスマホ等モバイル買物がトレンド
・ソーシャルECが発展

モバイル利用の普及とともに、モバイル買物のシェア率が高くなっている中、アプリユーザーの増加がネックになっている時期でもあります。そのため、アプリ流入のほかに、ECへの新しい流入口を増やすニーズがあります。そこで、ミニプログラムが注目されるようになってきております。

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムECのメリット

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムECのメリット

図)ECサイトミニプログラムのメリット

WeChat(ウィーチャット)のユーザー数に恵まれ、WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムがECとしたメリットが上図のように多数があります。その中に、トラフィックや安価な初期費用が一番目立っております。
従来のECの場合、モール出店、開発費用等を含め、初期投資が非常に高くみられます。一方、WeChatミニプログラムが初期費用をわずか5%に抑え、簡単に着手できます。

WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムEC例

現在、中国大手ECサイトの京東、唯品会、拼多多など95%のECプラットフォームがミニプログラムを導入しております。

◆ 京東
京東ミニプログラム

◆ 唯品会

唯品会ミニプログラム

 

「即速応用」のデータによりますと、今年6月18日の京東キャンペーン期間中、京東ミニプログラムのユーザー数が1.7億人以上となっています。ミニプログラムのECがECの新たな伸びポイントにもなっております。

また、ミニプログラムが基本機能が簡単なため、最近ミニプログラムのテンプレートも提供されております。非常に気軽に始められるようになっているのが現状です。
今後、WeChat(ウィーチャット)ミニプログラムを利用したECの立ち上げ、市場取りがますます厳しくなるでしょう。また、日本企業にとっても越境EC関連ミニプログラムへの進出も、中国での知名度や売上を伸ばす為の有効手段となる可能性が高くなるので、ますます目が離せないですね。


WeChatミニプログラム越境EC

旅行消費(訪日インバウンド消費)の大幅減少により、外需を獲得すべく越境ECに注目している状況を背景に、越境EC市場が急成長している中国市場向けどのように展開すればいいでしょうか?天猫(Tmall)、京東国際(JD)など大手モールに出店する以外に自社ECを構築するのも視野にいれられます。ただ、売り場構築・物流・決済・CS・プロモーションなどいくつかの課題があります。

そのような課題を解決するために、自社展開における、売り場構築・物流・決済・CS・プロモーションまで、一気通貫で中国越境EC展開をサポートできるサービスを提供いたします。

サービスの詳細については資料をダウンロード下さい。

資料をダウンロードする

【関連記事】

ミニプログラムとは?中国におけるミニプログラム市場の成長

WeChatミニプログラム(微信小程序)の使い方、EC活用から開発までの基本まとめ

The following two tabs change content below.

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. WeChat

    WeChat内の簡易アプリ??~WeChatミニプログラム基礎情報~

    2017年に正式的にリリースされてから、2020年には利用者が4億人を…

  2. WeChat

    WeChat(ウィーチャット)登録ユーザーが9億人! 2017年WeChatのデータ

    今までの記事で伝えてきました中国人にとって欠かせないツールWeChat…

  3. WeChat

    中国WeChatモーメンツ内における投稿内容特徴まとめ

    SNSの普及によって、ユーザーがインターネットを通じて近況をアップデー…

  4. WeChat(ウィーチャット)公式アカウント運営データの活用方法

    WeChat

    WeChat公式アカウント運営データの活用方法

    以前の記事では、中国におけるWeChat(ウィーチャット)の重要性及び…

  5. WeChat

    訪日インバウンド担当者が知っておくべきWechat広告の基礎と種類

    以前の記事では、「WeChatの基本」及び「WeChat公式アカウント…

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国版「Titter」ーーWeibo運営代行サービス
  2. WeChat運営代行
  3. 中国越境EC支援ーWeマースサービス
  4. 中国越境ECキャンペーン818
  1. 越境EC

    W11だけではない!?中国越境ECの進出で知るべき中国EC内ビッグイベント
  2. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年8月)
  3. 2019年中国春節紅包を通じて中国モバイル決済の市場を見る

    未分類

    2019年中国春節紅包を通じて中国モバイル決済の市場を見る
  4. 訪日外国人日本観光関連ランキング

    訪日インバウンドニュース

    訪日外国人の日本観光関連ランキング
  5. 越境EC

    すぐわかる中国越境ECの関税仕組み!中国越境ECの物流課題
PAGE TOP