WeChat

WeChatミニプログラム2019年市場研究レポート

iResearchが発表して「微信小程序市场报告(日本語訳:WeChatプログラム市場レポート)」によると、2019年6月までに、WeChatの月間アクティブユーザが11.2億人に達しており、いまでは多くの開発者がWeChatミニプログラムに非常に力を入れています。
本記事では、WeChatプログラムの利用状況や、よく利用される業態などのトレンドについて、ご紹介いたします。

2019年までにシステムアップロードを繰り返して実施したことで、WeChatプログラムはすでに多くのユーザーに親しまれています。彼らはアプリ起動や検索等一連の捜査にも慣れ始めております。ほかミニプログラムとの相互リンクを解除したことにより、ユーザービリティの向上にもつながっています。ユーザー満足度が上がるように、今後も改善を繰り返していくとされています。

ミニプログラムの浸透率

iResearchが1416名に行った調査によると、WeChatプログラムを使ったことがあるユーザーが9割以上に達しています。使ったことがあるユーザーのうち、約半分(48.7%)が毎日5回以上ミニプログラムを利用しており、15回以上使うユーザーが5%にもなります。
WeChatプログラムはすでに国民レベルの浸透率を誇っていることを証明しています。

ミニプログラムが利用される業界

MiniTrackerミニプログラムのデータによる、2019年4-6月の間で月間アクティブユーザが多いミニプログラムは以下の業界となっている。

No.1 ECサイト
No.2 外食出前
No.3 生活関連
No.4 旅行関連
No.5 実用ツール

TOP5以外にもゲームや動画等、人々の生活に密接していることがわかります。

左から:ECサイト グルメ出前 便利生活 旅行おでかけ 実用ツール ゲームサービス オフィス用 動画 総合情報 金融ファイナンス 撮影カメラ SNS 電子書籍 車サービス チャット通信

ECサイトのミニプログラム現状

データによると、2019年4-6月間でのECサイト関連ミニプログラムにおいて、売りの8割が国内オンラインショッピングが占めています。越境ECの割がわずか2%しかない状況となっています。
中でも、先日「拼多多(pinduoduo)の ビジネスモデルから見る中国ソーシャルEC」でご紹介した「拼多多」のアクティブアカウント数が最も高くなっており、勢いが感じられます。

図:「拼多多」の2017年~2018年におけるユーザー数成長(単位:万人)
青:月間アクティブユーザ数 黄色:アクティブ購入者数

旅行おでかけ関連ミニプログラム現状

データによると、旅行おでかけ関連ミニプログラムのうち、車手配関連が最も多く、旅行情報やチケット情報がそれに次いでいます。Ctripなど大手媒体のミニプログラムにおけるアクティブユーザー数がアプリにおける人数よりもはるかに多くなっています。
中国国内ではアプリを使うよりも、ミニプログラム内での情報収集をすることが圧倒的に多いことを示しています。

 

中国では、すでにミニプログラムが浸透しており、ミニプログラム内でのプロモーションも活用されています。
検索エンジン、SNSに加えて、ミニプログラム内での対応も各社にとってますます重要になっていくに間違いありません。早めに導入することで、市場獲得にもつながるので、オススメいたします。

 


中華圏向けSNS運営代行サービス

WeChat(ウィーチャット)、Weibo(ウイボー)、Facebook等中華圏向けSNS運営を一括ご支援できる!

日常運営、広告実施、KOL拡散等各SNSの特徴や機能に合わせてフル活用!

インバウンド事業が盛んできている中、多くの企業や団体は海外向けのSNSを作られるようになりました。中華圏向けには簡体字配信がメインになっているWeChat(ウィーチャット)とWeibo(ウェイボー)と繁体字配信がメインになっているFacebookがございます。

ただし、うまく運用できているものは数えるほどしかありません。理由としてはアカウント立ち上げたあと、とりあえず投稿だけはと言った方法で運用しているものが多いことが挙げられます。またここの部分をたった1人で頑張って運用している社員の方も多いのではないでしょうか?

弊社はノウハウを活かした効果的な運営代行サービスをご提供致します。

資料をダウンロードする

【関連記事】

拼多多(pinduoduo)の ビジネスモデルから見る中国ソーシャルEC 

Wechat(ウィーチャット)ミニプログラムのEC活用

The following two tabs change content below.
chen

chen

中国安徽省出身。11歳から来日し、20年以上に渡り日本に住み続けている在日中国人。エンタメ企業を経験し、日本語、中国語の2ケ国語による企画・マーケティングで中国最新情報をお届け致します。

関連記事

  1. 中国インターネット最新事情

    データバンク

    中国インターネット利用にまつわる最新データ

    日本と比べると、中国のインターネット広告投入は全体広告費用において、よ…

  2. データバンク

    中国動画アプリ「Tik Tok(抖音)」はなぜ人気になったか?

    最近日本の若者の間で流行っている動画アプリ「Tik Tok(ティックト…

  3. データバンク

    2017年中国国内インターネット広告市場データまとめ[前編]

    2017年では、中国における広告市場は全体的に高いレベルを保っており、…

  4. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~動画編~

    日本同様、現在中国でも動画市場が非常に盛り上がっています。本記事では、…

  5. WeChat

    訪日インバウンド担当者が知っておくべきWechat広告の基礎と種類

    以前の記事では、「WeChatの基本」及び「WeChat公式アカウント…

  6. データバンク

    中国深圳探索!ドローンと無人コンビニを求めて!

    今回は、先日初めて出張で行ってきた中国は深圳の現地レポートをできればと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国SNSメディアの最新動向
  1. WeChatステッカー

    中国向けプロモーション

    WeChatステッカーの活用
  2. 未分類

    【インタビュー】話題作『サイバー・ミッション』主演ハンギョンが映画の裏話を公開!…
  3. 流行ってきているインフィード広告

    百度

    中国Baidu(百度)インフィード広告の基本
  4. 中国向けプロモーション

    中国ライブ配信サイトの海外規制について
  5. WeChat

    Wechat(ウィーチャット)ミニプログラムのEC活用
PAGE TOP