訪日インバウンドニュース

訪日インバウンド集客による地域活性化が注目~7月3日訪日観光客関連ニュース一週間まとめ~

7月3日~1週間のインバウンド注目ニュースを5つピックアップさせていただきました。♥
その中で、「地方」がキーワードとして出てきており、地方のインバウンドがより盛んになったことが分かりました。

医療ツーリズム対応ホテル客室 タピック沖縄、南城で

日本経済新聞 2017年7月5日

【主要内容】
タピック沖縄はユインチホテル南城に新館「アネックス・ビル」をオープンさせた。洋室の大幅増加、バリアフリー客室の設置のほか、2018年には敷地内に診療所を設ける計画で、観光客が人間ドックや健康診断を受けられる環境を整える。

【コメント】
日本の医療技術、医療環境及び医療サービスは世界中で好評され、一部の外国人観光客、特に中国人観光客が医療を目的に訪日するようになりました。医療ツーリズム産業もインバウンドビジネスの重要な一部になり、参入する企業様も増えてきております。ただし、その中「ホテル+医療ツーリズム」のモデルはまだ少ないようです。観光客の宿泊問題が解決された上、観光や温泉を楽しみながら、医療サービスを受けられるのが観光客にとってうれしいモデルと存じます。また、今後の発展等は引き続き注目していきましょう。
原文はこちら

◎ビル1棟まるごと「無印」 銀座に大型旗艦店、ホテルも

朝日新聞 2017年7月6日
【主要内容】
良品計画は2019年春、東京・銀座の新たなビルに、大型の旗艦店をオープンさせると発表した。旗艦店に加え、同社が内装などを手がける国内初のホテルも併設し、ビル1棟を丸ごと「無印良品」にする。

【コメント】
「無印良品」は中国の観光客にとっても人気なブランドであり、東京・有楽町等の店舗にもいつも観光客で賑やかな風景もよく見られます。「無印良品」は中国人やそのほかの外国人に好まれる理由は商品自体よりはブランドが伝わっている理念にあると思われます。「自然」「健康」「創意」等のライフスタイルは主要な特徴となります。いままでは店舗の陳列や「カフェ」しか体験できなったですが、今後は「ホテル」まで立てられ、全方位で無印良品の理念を体験できるようになることは期待されます。
原文はこちら

台湾鉄路管理局と友好協定を締結~日台間の相互誘客等に取り組んでまいります~台北駅で本日調印式を実施しました

SankeiBiz 2017年7月6日

【主要内容】
近鉄グループホールディングス株式会社と台湾鉄路管理局は事業連携・協力に関する友好協定を締結した。今回の友好協定の締結により台湾鉄路管理局との交流を深め、相互誘客のための取り組みを作った。

【コメント】
実は、今回の近鉄以外にも、京急、京浜急行電鉄、西武ホールディングス等の鉄道会社はすでに台湾鉄路管理局との提携を発表したことがあります。また、JR北海道の「SL冬の湿原号」と台鉄のSLと、江の島電鉄と台鉄・平渓、JR四国松山駅と台鉄・松山駅等一部の電鉄、駅等が姉妹協定、友好駅協定等の提携もありました。台湾鉄道会社と日本鉄道会社は相次いで提携の発表をした理由は双方とも相手国への旅行ニーズが高まっていることにあります。最近、東京に開催された台湾祭りが来場者の多いこことも説明しました。両方の相互集客・宣伝にとって、ウィン・ウィンな関係になれます。
原文はこちら

「訪日誘客支援」選定、活性化に期待 地方空港LCC誘致に弾み

SankeiBiz 2017年7月6日


【主要内容】
国が着陸料軽減などの取り組みを後押しする「訪日誘客支援空港」に選ばれた全国32の地方空港が格安航空会社(LCC)の誘致に向けた動きを加速させている。

【コメント】
インバウンド集客は地域活性化という課題を解決する方法として、国も積極的に進めております。この前、JRの東北、北海道観光客向けのフリーパス等も地域活性化を図ることが目的です。一方、FIT、リピート客の増加によって、日本地方に行きたい観光客も増えてきております。交通が難題である日本地方観光客にとって、LCCの増便も非常に望まれることです。これからは認知プロモーションや販売チャンネルの開拓が重要です。
原文はこちら

◎淡路島と関空の航路復活 10年ぶり、9日から

神戸新聞NEXT 2017年7月7日
【主要内容】
兵庫県の淡路島・洲本市と関西空港を結ぶ定期航路の10年ぶりの復活が7日、正式に決まった。

【コメント】
関西空港インバウンド客の増加が淡路島と関空の航路復活の主な要因として挙げられます。国内観光客の伸びが鈍化している中、東京五輪向け、地方各地は積極的にインバウンド集客を行う動きが見られます。
原文はこちら

 


訪日中国旅行者の意思決定タイミングを徹底調査!!

多様化した訪日中国人旅行者のニーズをつかむため、「いつ」「どのように」意思決定を行うのかという「意思決定のタイミングと場所」を理解することで、適切なアプローチができるのではないかと考え、2017年2月に該当アンケートを実施しました。意思決定タイミング・接触メディアなど一挙に解説しました。中国旅行者のニーズや動向把握のために是非参考にしてください。

  資料をダウンロードする

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. 訪日インバウンドニュース

    外国人観光客を呼ぶ込む各社の努力~7月17日訪日観光客関連ニュース一週間まとめ~

    インバウンドビジネスが盛りあがってから数年経ち、各企業、機関はサービス…

  2. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベントまとめ(2018年5月)

    ゴールデンウイーク明けには訪日インバウンドイベントも多数開催される予定…

  3. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベントまとめ(2017年12月)

    2017年もあと少し!インバウンドビジネスが盛んになっている一年を…

  4. 訪日インバウンドニュース

    民泊の合法化を見込み~6月5日訪日観光客関連ニュース一週間まとめ~

    6月5日週のインバウンド注目ニュースを5つピックアップさせていただきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中華圏ファッション通販まとめ
  2. 中国インターネット最新事情
  3. 中国アプリユーザの利用状況分析
  1. Hot KeyWord

    【Hot KeyWord】一帯一路!中国は国際協力を重視!
  2. GoJapan

    インバウンド担当者必見!訪日外国人観光客向けメディアまとめ
  3. 中国アニメ興味層実態

    データバンク

    中国アニメ興味層実態―Weibo(ウェイボー)アニメ興味層ユーザの分析を通して
  4. 中国インターネット最新事情

    データバンク

    中国インターネット利用にまつわる最新データ
  5. 訪日外国人旅行者情報源

    訪日インバウンド調査レポート

    訪日インバウンドのプロモーションはどんな媒体を使う?訪日外国旅行者情報収集源まと…
PAGE TOP