データバンク

2017年中国国内インターネット広告市場データまとめ[前編]

2017年では、中国における広告市場は全体的に高いレベルを保っており、真新しいメディアが次々と誕生しております。オンラインとオフラインのプロモーションが徐々に連携し始めており、広告のクリエイティブや効果の最適化が非常に重要視されています。
iResearchでは「中国インターネット広告市場年度レポート」を発表しており、2017年における中国国内の広告市場やトレンドそして今後への予測をまとめおります。

中国の広告市場がわかりやすく数字でまとめられておりますので、前編・後編にてお届けいたします。

原文はこちら「中国インターネット広告市場年度観測レポート-簡易版-」

2017年の中国インターネット広告市場規模は約6兆円に達している

2017年では、中国のインターネット広告は凄まじい勢いで成長をしております。

■2017年における関連データまとめ
〈中国インターネット広告全体市場規模〉
3750.1億元(約6兆円)
前年比較すると32.9%伸びております。未来の2年は市場規模が依然として高いレベルを維持し、2020年までに1兆元(約16兆円)を超えると予想される。

〈インフィード広告の市場規模〉
688.8憶元(1.1兆円)
全体広告シェアの18.4 %を占めており、ベスト3にランクインしています。
インフィード広告をはじめとするネイティブ広告は今後のオンラインの主流となっていく見込みです。

〈モバイル広告市場規模割合〉
68.0%
2017のモバイル広告市場の規模は2549.6億元(約4.1兆円)に達しております。
発展の勢いは依然として強いが2020年には80 %を超えるを見通しております。

消費者が品質を求める傾向になっており、今後市場は細分化され、広告のターゲティングの精度が求められるようになっていきます。

〈中国消費者が商品・サービスに求める条件〉
製品/製品サービスの品質:70%
製品/サービス価格:64.4%
便利さ:25%
衛生環境:22.4%
速さ:15.5%
場所あるいは環境:12.7%

人々の生活向上に伴い、高品質を求める消費者が日々増えております。
海外の流行にも敏感な若者が多く、90年以降生まれの若年層が今後の消費主流になっていきます。

インフィード広告が勢力を伸ばしており、今度広告の主流となっていく!?

■中国広告市場の現状分析および各広告形式の市場について

2017年中国の広告経営額は7000億元に近くなっており、インターネット広告は急速に発展し続けています。
2016年の成長率は15.6 %に達した,2017年の5大メディア(テレビ,ネット,雑誌,放送新聞)広告収入は5000億元を突破すると予想されております。
モバイル広告の規模はネット広告の割合の70 %近くを占めて、すでに市場の絶対的な主流を占めている。

〈リスティング広告〉
リスティング広告の市場は852憶に達しております。2016年のインターネット広告規定が執行されている以来、広告主や広告実施金額が徐々に伸び始めており、現在では安定して成長をしております。
2017年12月時点でのユーザ数が6.4憶に達しており、使用率が8割を超えており、依然として、高い利用率を持っています。モバイルユーザも同様に使用率が8割を超えております。

〈バナー広告〉
2017年では、バナー広告の規模が471憶元に達しており、昨年対比では約20%の伸びとなっています。2020年では740憶元を超える見込みとなっております。
ネイティブ広告の成長に伴い、バナー広告等の市場が縮まっており、よりターゲティング制度が求められるようになっております。発展は成熟している為、掲載位置や配信形式の変化が停滞している傾向となります。

〈インフィード広告〉
2017年のインフィード広告は全体において、成長が最も著しくなっております。
市場規模は688.8憶元になっており、2020年までの成長率が50%以上と予測され、2020年における市場規模見込みが2700憶元となっております。
未来の5年間では、インフィード広告がインターネット広告の主流になっていると予測されます。

日本でも人気なインフィード広告は中国でも市場を伸ばしております。
現在多くの日本企業がリスティング広告やバナー広告を中国に向けて配信しプロモーションを展開しておりますが、今後は中国国内の状況に合わせて、広告の形式を見直していく必要があります。
現在の若者は広告を受け入れやすくなっており、彼らの嗜好に合わせて最適なプロモーションプランが非常に大事になっていきます。

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

 

【関連記事】

中国インターネット利用にまつわる最新データ

意外と知らない百度(バイドゥ)の広告活用方法

 

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. データバンク

    中国動画アプリ「Tik Tok(抖音)」はなぜ人気になったか?

    最近日本の若者の間で流行っている動画アプリ「Tik Tok(ティックト…

  2. データバンク

    FIT、金盾、銀聯(ギンレン)カード等中国人インバウンド用語集

    1.FIT海外からの個人旅行客。2.金盾(グレート・ファイ…

  3. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~動画編~

    日本同様、現在中国でも動画市場が非常に盛り上がっています。本記事では、…

  4. データバンク

    中国マーケティング必須用語集~SNS編~

    ■ 中国SNS市場概要中国三大SNSは微信(ウェイシン、ウィーチャ…

  5. データバンク

    百度・シェンマなど中国の検索エンジンを知ろう

    ■2017年1月時点 中国検索エンジン市場シェア❊()は2016年…

  6. データバンク

    FIT,~中国ECプラットフォーム編~

    ■ 中国EC概要2016年年末時点、中国オンラインショッピングユー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 百度ブランドリンク広告の事例
  2. 春晩スポンサーによる百度アプリのダウンロード促進効果
  3. WeChatステッカー
  4. 百度ミニプログラム
  1. 訪日外国人旅行者情報源

    訪日インバウンド調査レポート

    訪日インバウンドのプロモーションはどんな媒体を使う?訪日外国旅行者情報収集源まと…
  2. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年9月)
  3. 意外と知らない百度(バイドゥ)の広告活用方法

    中国向けプロモーション

    意外と知らない百度(バイドゥ)の広告活用方法
  4. 訪日インバウンド調査レポート

    中国動画サイト現状まとめ~2017年第1四半期中国オンライン動画業界市場研究レポ…
  5. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年8月)
PAGE TOP