中国におけるライブコマースの最新動向

中国向けプロモーション

中国におけるライブコマースの最新動向

ライブコマースは「次世代EC」とも呼ばれており、ライブ配信のより、リアルタイムの販売促進を実現させる新たな「インターネット売り方」です。
ライブコマンスは中国発祥の「次世代EC」ライブコマースの発祥といえば、中国のTaobao(タオバオ)ライブ配信が挙げられます。今年3月、TaoBao(タオバオ)は「2019年タオバオライブ配信システム発展趨勢レポート」を発表しました。

中国ライブコマースの現状

*数値は「2019年タオバオライブ配信システム発展趨勢レポート」より

Tabao(タオバオ)のライブ配信は3年前に誕生し、近年徐々に浸透しており、重要な販売ルートまで成長してきております。Taobao(タオバオ)ではライブ配信を見ながら買い物するのは新たなショッピングスタイルともなっております。Taobao(タオバオ)にて日間ライブ配信回数が6万回を超え、ライブ配信の総時間が15万時間を超えております。
売上を言えば、2018年Taobao(タオバオ)ライブ配信による販売額が千億元を超え、前年比400%も伸び、ライブ配信を通じ、購入できる商品の数が60万品種も超えております。

Taobao(タオバオ)ライブコマースが新たなオンラインショッピングスタイルまで成長してきております。

中国ライブコマースの特徴

中国ライブコマースの出演者

性別:通常のKOL市場と同じく、ライブ配信の出演者の多くが女性で、約8割を占めております。
年齢:10代~50代まで大幅に渡っており、1990年以降生まれ(10代、20代)の方が大部分を占めております。

UGCライブ配信市場の成長により、より多くの個人やMCN機構が参入するようになりました。その中には、李佳琪、薇娅等ライブコマースの代名詞とした中国ライブコマーストップの出演者も出てきております。

中国ライブコマース有名な出演者

中国ライブコマースにおいて、有名人の一人である李佳琪は口紅を紹介する達人で、5分間で15,000本の口紅を販売した記録もありました。

中国の動画配信とECとの連動

短い動画やライブ配信プラットフォームの成長により、「動画/ライブ配信+EC」のモデルが徐々に形成してきております。一体、動画とEC購入との購入の相性がいかがでしょうか。
秒針システムの発表している「快手(中国大手短い動画プラットフォーム)プラットフォームECプロモーションの価値研究」でいくつかの数字が提示されておりますため、少し参考できるかと存じます。

動画プラットフォームにおける商品の注目度

品目別動画プラットフォームにおける商品の注目度

単位:%

動画プラットフォームにおける商品の注目度

*3C商品が家庭電器製品のことを言います。時代によっては中身が変わっておりますが、現代では主にコンピューター、通信製品、その他家電製品を指します。

動画プラットフォームのユーザーが全体的に「飲食品関連」「家電」「化粧品」関連の内容に対し、注目度が高い傾向と見られます。

ユーザーが動画で紹介された商品を購入する理由

快手ユーザーが最終的に商品を購入した理由

単位:%

快手のユーザーが最終的に商品を購入した理由

商品を購入した理由を見れば、最も多い理由が当然商品へのニーズにあります。例えば、商品自体のコスパが良いか否か、ユーザーが商品へのニーズがあるか否か等となりますが、「動画内容」「出演者」にも大きく影響されたことがみられました。例えば、動画の面白さや出演者への信頼・支援も最終決断に影響するデータとなっております。コンテンツ(出演者、動画内容を含む)でユーザーの興味を喚起をすることができると思われます。
また、ユーザーがライブ配信、動画配信の間でもコメントを残したり、お問合せをしたりするリアクションも多くみられております。ユーザーの参与によって商品が拡散されております。「コンテンツ+ソーシャル」のモデルで理解促進・購入誘導という導線が構築されております。
そのため、コンテンツで興味を喚起させ、購入をできるような導線づくりを通じ、コンバージョンに繋げるまで構築するプラットフォームのニーズが高くなっております。

中国におけるライブコマース市場の動向

ライブコマースのニーズが増えている中、いろんな企業様がライブコマースに参入してきております。
Taobao(タオバオ)、京東等のECプラットフォームから発祥しておりますが、フォロワーを囲む優位性を活用できるWeChatもとうとう参入してきました。
今年3月からテスト的にWeChat公式アカウントに「腾讯直播」等のライブ機能の追加等の行動もし始めました。「WeChatライブ配信+WeChatミニプログラム」のWeChat内で完結できる環境を構築しております。今後はWeChat公式アカウントのフォロワー資源を活用してECまで誘導することもできるでしょう。

WeChat公式アカウントにライブ配信機能が追加される動きがありました。

市場の成長に伴い、様々な潜めた課題もあります。例えば動画内容の監査の難しさによる不安定等も考えられますが、中国のEC市場も今後大きく変化していくでしょう。

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

【関連記事】

中国越境ECにおける最新消費動向を知る ~中国Tmall国際2017年年間消費動向レポート~

越境EC担当者必見!中国越境ECモールへの出店方法

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. 中国向けプロモーション

    中国ライブ配信サイトの海外規制について

    海外から、中国向けライブ配信が出来なくなっています?!中国向けライブ配…

  2. 中国インターネット最新事情

    データバンク

    中国インターネット利用にまつわる最新データ

    日本と比べると、中国のインターネット広告投入は全体広告費用において、よ…

  3. ミニプログラムとは何か、中国ミニプログラム完全説明

    中国向けプロモーション

    ミニプログラムとは?中国におけるミニプログラム市場の成長

    最近、中国のビジネスやマーケティング情報を収集されている際に、ミニプロ…

  4. GoJapan

    中国インターネット広告の今日~訪日アプリGoJapan(去日本)創業者インタービュー~

    今回のインタビューでは、訪日インバウンドに特化したアプリ「GoJapa…

  5. 中国向けプロモーション

    中国インバウンドマーケティング必須用語集~旅行・訪日メディア編~

    訪日中国人が参考になる海外旅行関連メディア/訪日特化したメディアをご紹…

  6. 中国向けプロモーション

    中国モバイル検索エンジンが人気~中国モバイル検索最新情報~

    2017年、中国インターネットユーザが7.7億人に達し、モバイルユーザ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国におけるライブコマースの最新動向
  2. アジアプロモーションで活用されるメディアのまとめ
  1. 訪日外国人観光客向け飲食対策

    訪日インバウンド調査レポート

    飲食業(外食)の訪日インバウンド対策最新動向
  2. WeChat

    中国のWeChatがすごい!WeChatの使い方徹底解説
  3. 未分類

    【インタビュー】話題作『サイバー・ミッション』主演ハンギョンが映画の裏話を公開!…
  4. 訪日インバウンド調査レポート

    中国観光客飲食ニーズから見る飲食店集客~2016年Ctripユーザの海外旅行飲食…
  5. 中国向けプロモーション

    越境EC担当者必見!中国越境ECモールへの出店方法
PAGE TOP