WeChat(ウィーチャット)公式アカウント運営データの活用方法

WeChat

WeChat公式アカウント運営データの活用方法

以前の記事では、中国におけるWeChat(ウィーチャット)の重要性及びWeChat(ウィーチャット)公式アカウントの活用方法についても紹介しました。

中国において、WeChat(ウィーチャット)が最も使われているSNS

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――ーーーーーーーーーーーー
参考記事:

WeChat(ウィーチャット)ユーザーは9億人越え ~2017年WeChat(ウィーチャット)データレポート~

中国向けPRに必須!Wechat公式アカウントの種類や取得方法を公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――ーーーーーーーーーーーー

アカウントの活用方法が重要である一方、日々の運営で積み重ねたデータ自体もWeChat(ウィーチャット)アカウントの運営及び全体事業の改善につながれます。今回の記事ではWeChat(ウィーチャット)公式アカウントの管理画面からどんなデータを取れるか、どういうふうに活用できるかをご紹介いたします。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントのデータについて

WeChat(ウィーチャット)は初めてデータ統計機能をだしたのが2013年8月でした。その後機能の改善などを通じ、現在主にユーザ分析・記事分析・リアクション分析の三つの方面でデータを収集でき、活用できます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントのユーザ分析データ

ユーザの分析について、主にユーザ数の変化とユーザ属性の2方面で分析できます。
ユーザ数の変化では具体的に新規ユーザ数、新規ユーザ獲得チャンネル、合計フォロワー数等があります。

・新規ユーザ数
こちらの数字を通じ、いつユーザの増加が多いかがわかります。また、ユーザフォローキャンセル数も確認できますため、どの時期でキャンセルが多発しているか、トレンドも見れます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントユーザ数統計

・新規ユーザ獲得チャンネル
サイト誘導、QRコード露出など新規ユーザの入り口が多様化しております。そちらの数字から、どのチャンネルからのユーザが多いかが分かり、それをもとにアカウント拡散の施策を考えることができます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウント新規ユーザ獲得ルート

・ユーザ属性

ユーザ属性に関して、具体的にユーザの性別、言語、地域、端末、機種などの情報がわかります。ユーザの属性・好みなどにあわせ、コンテンツ内容・デザインの改善ができます。それで、よりユーザの満足の高いコンテンツが作れ、WeChat(ウィーチャット)公式アカウントの安定成長を測れます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントユーザ関連データ

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントの投稿分析データ

次はWeChat(ウィーチャット)投稿に関する分析となっております。投稿分析には、PV数、転換率、リンク先へのUV数・PV数、原文転換率、シェア人数・シェア数等があります。それらのデータによって、コンテンツの質やユーザの行動を分析することができます。
❊転換率=投稿閲覧数/リーチ人数
例えば、閲覧のルートをみれば投稿配信される際、直接フォロワーにリーチ(1次伝播)できているかまたはユーザのシェア・転送経由でリーチ(2次伝播)できているかは確認できます。

また、各投稿文を閲覧するユーザの属性データもありますため、どんなユーザにどんなコンテンツの反響がよいかは統計できて、今後はターゲットに向け正確的に内容を配信することができるようになります。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントのリアクション分析

ユーザの投稿へのリアクション、メニューの利用状況(クリックしたボタンの内容、ボタンクリック率)、コメント、メッセージ内容などのデータがあります。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウントユーザコメント分析

特に時刻別のレポートもありますので、ユーザの一日の動向を分析できます。

WeChat(ウィーチャット)公式アカウント時間別ユーザリアクション分析

以上の通り、WeChat(ウィーチャット)の運営でいろいろ有益なデータを収集できると思います。
まずは公式アカウントの開設をして試したらいかがでしょうか。


中華圏向けSNS運営代行サービス

WeChat(ウィーチャット)、Weibo(ウイボー)、Facebook等中華圏向けSNS運営を一括ご支援できる!

日常運営、広告実施、KOL拡散等各SNSの特徴や機能に合わせてフル活用!

インバウンド事業が盛んできている中、多くの企業や団体は海外向けのSNSを作られるようになりました。中華圏向けには簡体字配信がメインになっているWeChat(ウィーチャット)とWeibo(ウェイボー)と繁体字配信がメインになっているFacebookがございます。

ただし、うまく運用できているものは数えるほどしかありません。理由としてはアカウント立ち上げたあと、とりあえず投稿だけはと言った方法で運用しているものが多いことが挙げられます。またここの部分をたった1人で頑張って運用している社員の方も多いのではないでしょうか?

弊社はノウハウを活かした効果的な運営代行サービスをご提供致します。

資料をダウンロードする

【関連記事】

中国のWeChatがすごい!WeChatの使い方徹底解説

Wechat公式アカウントの取得・認証方法を公開!中国向けPR必見!

訪日インバウンド担当者が知っておくべきWechat広告の基礎と種類

 

 

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

 

The following two tabs change content below.
sai

sai

日本語同時通訳専攻の在日中国人マーケター。 日本語・中国語言語能力を活かし、インバウンド事業を4年間携わってきており、約100社企業様にインバウンドプロモーションのプランニング支援。

関連記事

  1. WeChat

    Wechat公式アカウントの取得・認証方法を公開!中国向けPR必見!

    前回の記事「中国のWeChatがすごい!WeChatの基本説明から使い…

  2. WeChat

    中国WeChatモーメンツ内における投稿内容特徴まとめ

    SNSの普及によって、ユーザーがインターネットを通じて近況をアップデー…

  3. WeChat

    WeChatミニプログラム2019年市場研究レポート

    iResearchが発表して「微信小程序市场报告(日本語訳:WeCha…

  4. WeChat

    訪日インバウンド担当者が知っておくべきWechat広告の基礎と種類

    以前の記事では、「WeChatの基本」及び「WeChat公式アカウント…

  5. WeChat

    中国のWeChatがすごい!WeChatの使い方徹底解説

    中国のSNSメディア、WeChat(ウィチャット)は耳にしたことがある…

  6. WeChat

    Wechat(ウィーチャット)ミニプログラムのEC活用

    現在、中国のメディア市場を多く占めているWeChat(ウィーチャット)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国SNSメディアの最新動向
  2. 拼多多(pinduoduo)の ビジネスモデルから見る中国ソーシャルEC 
  1. データバンク

    FIT、金盾、銀聯(ギンレン)カード等中国人インバウンド用語集
  2. 中国におけるライブコマースの最新動向

    中国向けプロモーション

    中国におけるライブコマースの最新動向
  3. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年8月)
  4. サービス

    海外担当者様必見!中国向けWebサイト制作の基礎!
  5. 訪日外国人旅行者情報源

    訪日インバウンド調査レポート

    訪日インバウンドのプロモーションはどんな媒体を使う?訪日外国旅行者情報収集源まと…
PAGE TOP