訪日インバウンド調査レポート

中国若者の嗜好をつかめ!次のコア消費者90年生まれの興味とは!?

最近では、日本の街中を歩くと、10代~20代の中国人旅行者をよく見かけます。
観光庁のデータでは、相変わらず20代~30代が現時点の訪日中国人消費者のメイン層となっていますが、中国人若者の趣向をつかむ事は、これから訪日中国人向け対応において非常に重要になっていきます。

2017年2月に、AdmasterとテンセントがQQ内にあるSNSプラットフォームでのコメント数や話題性を元に、「若者洞察白書」合同で発表をしています。今どきの中国人若者の興味関心やどんなことにお金を使うかを見ていきましょう。

Admaster&テンセント合同発表「若者洞察白書」

若者洞察白皮書

中国人若者が熱中になれる事を語るのに、重要なキーワードとして、「便利さ」「面白さ」「独特性」「ステータスを感じられる」が挙げられます。
QQ内のSNSプラットフォームでは、「モバイル端末」「車」「スキンケア、化粧品」のカテゴリーが話題性が高い状況です。

モバイル端末:中国人若者はiPhoneを最も好む

中国国内において、モバイル市場の競争が非常に激しくなっております。話題性が高い人気メーカーのTOP3に、iPhone、サムスン、小米が上がっています。
中国国内全体でみると、iPhone、HUAWEI(ファーウェイ)、小米がTOP3となっている為、若者は海外商品に対する強い憧れがある事が読み取れます。
中国国内メーカーも海外メーカー商品と比較すると価格が安い為人気があるものの、iPhoneやサムソンは根強い人気があり、話題性が高くなっています。商品自身の機能よりも、持つことに対する自分自身のステータスを感じられることも原因として想定されます。

車:中国人若者は有名ブランドの高級車を好む

若者が最も話題にしている車のメーカ上位として、BMW、フォルクスワーゲン、ベンツがランクインしています。
日本のトヨタや日産は全体の中に非常に人気はあるものは、若者には人気が低い状況です。購入できるほどの消費力は持っていないものの、高級車に対する憧れは高く、SNSでは多く話題にしています。
中国では、経済発展に伴い、車を購入する人が近年激増しています。高級車を購入する事は自身のステータスを上げるのに重要なアイテムとなっています。こういった背景から各メーカーはSNSや検索エンジンでの広告によるPRに非常に力を入れています。今後海外有名ブランドの車がますます増えていく見込みなので、日本製だからこその強みを印象付けしていく事も大事になっていきます。

スキンケア・化粧品:中国人若者は有名ブランドを好む。しかし、国内ブランドも徐々に話題性が高くなっている。

QQのSNSでは話題性が高いブランドが、CHANEL、Dior、ソルファス(韓国コスメ)となっています。海外の有名ブランドが人気な一方で、中国国内化粧品ブランドも徐々に人気を博しています。理由として、国内の有名テレビ・ネット番組へスポンサー提供や、ドラマのワンシーンにおける露出が挙げられ、こういったテレビやネットでの露出を増やすことによって認知が上がり、クチコミ効果も功を奏し、多くの人の間で話題性に繋がっています。
上位10位の中で、日本化粧品メーカーがランクインしておらず、今後の若者による日本化粧品離れが今後懸念されます。テレビやネットのメディアによる効果が非常に絶大な為、これからはオンラインでの事前のブランディングや認知拡大施策は必要不可欠になっていきます。

エンタメ関連:中国人若者は二次元・有名人・映画アニメーションを好む

Admasterのデータによると、中国人若者がエンタメにおいて、最も興味指数が高いのが映画テレビとなっており、その次がアニメーション、音楽バラエティとなっています。

ドラマ
ファンタジーや学園の題材が非常に人気があります。また、過去に見たことがあるネット小説、アニメーション、ゲームの実写化を希望する方が多いです。

芸能人
芸能人をしている若者が非常に多く、中でも女性が69%を占めています。演技や歌唱力よりも、顔の良さやキャラ設定を重視している人が多いです。若者に人気なQQコミュニティでは、90年以降の若い芸能人関連が大半を占めており、顔の良さはもちろん、人懐こさも人気度に繋がります。

二次元
中国人は男女問わず、二次元のアニメなどを好んで鑑賞しています。男性は熱血や成長関連のストーリー、女性は純愛関連の物語に対する関心が高いです。

中国人若者の特徴として、シェアや相互アクションを求めている傾向があります。
インターネットや携帯電話の普及により、中国人若者で「低頭族」(日本語訳:頭を下に向く族)が増えています。ネットを通して知人同士のコミュニケーションを求めるようになっています。
日本のアニメーションは中国の若者に人気があり、人気キャラクターの関連グッズ等も多く発売されています。日本のアニメ映画も高い興行収入を獲得しており、訪日する中国人旅行者の中で、アニメのロケ地をめぐる人も増加しています。「日本アニメ」を通して、日本に興味を持つようになり、訪日する若者もいるので、映像作品とのコラボで認知拡大につなげる事もできるようになっていくでしょう。

 


これから中国展開をお考えの企業様向け。効果を全て見える化!中国マーケティングスタートアッププラン!!

中国向けにマーケティングをこれから始める企業様向けパッケージ!これまで当社にて数年にわたり中国マーケティングを研究。メーカー・小売・旅行会社など様々な分野において実績あり。中国マーケティングに最低限必要な百度での集客・中国用LP・サーバー・日本語での効果測定レポートを一括提供。自社商品のニーズ調査・テストマーケティング・準備には最適プラン。プランに加え当社のこれまでの実績を一挙公開。

中国Webマーケティング スタートアッププラン

  資料をダウンロードする

 

The following two tabs change content below.
chen

chen

中国安徽省出身。11歳から来日し、20年以上に渡り日本に住み続けている在日中国人。エンタメ企業を経験し、日本語、中国語の2ケ国語による企画・マーケティングで中国最新情報をお届け致します。

関連記事

  1. 訪日外国人旅行者消費額

    訪日インバウンド調査レポート

    訪日インバウンド消費最新データ(2017年度国・地域比較)

    2017年訪日外国人旅行者の消費額(総額)は4兆4,162億円で、前年…

  2. 訪日外国人日本観光関連ランキング

    訪日インバウンドニュース

    訪日外国人の日本観光関連ランキング

    「訪日外国人」・・・近年のキーワードになっております。JNTOを始め、…

  3. 動画

    中国ニュース関連アプリのユーザー属性や利用状況のまとめ

    中国のインターネット発展に伴い、新しいサービスが次々と誕生しています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

最近の記事

  1. 中国SNSメディアの最新動向
  2. 拼多多(pinduoduo)の ビジネスモデルから見る中国ソーシャルEC 
  1. ミニプログラムとは何か、中国ミニプログラム完全説明

    中国向けプロモーション

    ミニプログラムとは?中国におけるミニプログラム市場の成長
  2. 訪日インバウンド調査レポート

    中国若者の嗜好をつかめ!次のコア消費者90年生まれの興味とは!?
  3. Weibo

    Weibo上中国化粧品市場関連投稿レポート
  4. データバンク

    2017年中国国内インターネット広告市場データまとめ[前編]
  5. 訪日インバウンドニュース

    訪日インバウンドイベント情報まとめ(2017年9月)
PAGE TOP